2018モデル アンカーご注文受付中!

2017.11.02 Thursday

0

    こんにちは!

     

    BFYの加藤です!

     

    昨日、ANCHOR2018モデル発表会に行ってきました♪

     

     

    入口にはリオ五輪を走ったバイクが展示されていました!

     

     

     

    会場に入ってからはまずプレゼンテーションを聞きました!

     

     

     

    プレゼンテーションの内容は新型のRS8、RL8、RL3の説明や、2018年で25周年を迎えるの

     

    ネオコットの限定モデルの発表などがあり2018のアンカーはとても魅力的です!

     

     

     

    プレゼンテーションが終わってからは実車を見て回りました。

     

    今年の目玉はやはり新型のRS8、RL8ですね。

     

     

    こちらが新型のRS8(左)、RL8(右)です。

     

    フレーム形状は両モデルとも変更されており、

     

    RS8はロードレーシングのトップグレードRS9、

     

    RL8はロングライドのトップモデルのRL9と同じ形状になりました。

     

    フレームの設計にはどちらのモデルもPROFORMATによって開発されています。

     

    そのため、従来のモデルより「進む」バイクに仕上がっており、

     

    ロードレーシングモデルのRS8はより早く進むバイクに

     

    ロングライドモデルのRL8は快適で進むバイクに生まれ変わりました。

     

    RS8 EPSE               RL8

     

     

     

     

    そしてもう一台、新型として発表されたバイクがこちらの「RL3」

     

     

    写真のモデルはRL3FLATというモデルでフラットバーが装着されているロードバイクのフレームを使ったバイクになります。

     

    フラットバーロードというカテゴリーですね。

     

    フレーム形状はドロップハンドルが装着されているRL3 DROPと同じ形状なので

     

    ドロップハンドルが怖い方でもこちらの車体なら大丈夫ですね!

     

    ゆくゆくはドロップハンドルに変更!という事もできるので、

     

    これからスポーツバイクを始めたいエントリーユーザーさんにおススメしたい一台です!

     

     

     

    ここまでは新型のご紹介でしたが、最後にネオコットのご紹介です!

     

    ネオコットとはアンカーのクロモリフレームのことで、

     

    いまではロードバイクで2モデル、MTBで1モデルの計3モデルが展開されています。

     

     

    そんなネオコットが2018年でなんと25周年を迎えます!!!

     

    四半世紀もその名が残っていることは本当にすごいですね。

    2018モデルはRNC7がマイナーチェンジしていて、BBまわりのラグ化とFD台座が直付けに変更されました。

     

     

    ラグになったので見た目もスッキリしてかっこよくなりました!

     

     

    そしてそして、25周年を迎えるネオコットにアニバーサリーモデルが発表されました!!

     

    台数限定50台!!!超プレミアですね。

     

     

     

    フレームもネオコットRNC7から細かいところが変更されており

     

    特別なアニバーサリーモデルになっていました。

     

    まだ発売予定ですが、気になる方はすぐにご連絡下さい!

     

     

    店頭には閲覧用のカタログもご用意しておりますが、

     

    ネットカタログも公開されましたので見てみて下さい!

     

    ANCHOR2018カタログ

     

     

    12/3(日)までにご注文いただいたお客様には特典をご用意しております!!

     

    2018年度のモデルすべてが対象です!

     

    詳しくは店頭でお問い合わせ下さい!!

     

    ご来店お待ちしております!

     

    コメント
    コメントする